頭金

down payment

頭金とは、契約成立の際に、契約実行の証拠として買い手や注文主が相手方に払う金。代金の一部として現金で支払われる。いずれ代金に含まれるが、代金そのものではない。頭金の残りはローンとして払う。契約保障のためと、月々のローンの負担を減らす役割がある。住宅ローンの場合、ローン契約の際に払われる。最低でも物件価格の2割を払う必要がある。ローンは物件の引渡し時に実行され、その間の物件保証のために頭金が必要とされる。保険ローンの場合も、契約時に保険料の一部を一時払いする、ある程度まとまった金。