顧客ロックイン戦略

顧客ロックイン戦略とは、企業が顧客と長期的に関係を築くために、顧客と接点を保つための戦略のこと。顧客との関係を築くCRM戦略のフレームワークとして顧客ロックイン戦略がある。

顧客ロックイン戦略は、大きく7つに分けることができる。販売員や営業員が顧客から親しみを感じてもらうインティマシーロックイン、商品のブランド価値を高めるブランドロックイン、商品をシリーズ化するシリーズロックイン、商品の利用しやすさを高めるコンビニエンスロックイン、会員やポイント制度によるメンバーシップロックイン、商品を学習することで親しみを感じてもらうラーニングロックイン、顧客同士の影響を及ぼしあうようにあするコミュニティロックインがある。

例えばマイレージプログラムなどはメンバーシップロックイン、ショップの店員などはインティマシーロックインとなる。

企業がどの顧客ロックイン戦略を使うかは、業界の性質や、提供している商品やサービスの性質などによって異なってくる。どの戦略であれ、情報システム起点で採用するのではなく、顧客のニーズに合わせて戦略を選択することが重要となる。