黒字倒産

黒字倒産とは、財務諸表上は利益が出てきるのにもかかわらず、手元のキャッシュが不足し、会社が存続できなくなってしまい倒産してしまうこと。計算上では黒字であるのに、一般的に、ビジネスにおいてその場で現金やり取りをすることは少なく、商品を売っても、代金(売掛金)をもらえるのは何ヶ月か先という場合が多い。しかし、その月の帳簿には売上として計上されてしまうため、帳簿上は黒字ではあるが、実際は売上が入らないためキャッシュが不足してしまうという状況が生まれる。キャッシュが不足すると、支出分の支払いができなくなり、倒産に陥ってしまう。この黒字倒産を避けるために有効的なな経営が、キャッシュフロー経営である。これは、入ってくる現金と出て行く現金の増減に重点を置いてキャッシュの流れを管理し、常に手元に資金を残しておくようにする経営である。