AFTA

Asean Free Trade Area 】 ASEAN自由貿易地域

AFTAとは、ASEANに加入している東南アジア諸国9国間で相互に市場を開放するために結ばれた自由貿易協定。多国間自由貿易協定(FTA)の1つ。1993年にブルネイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイの6カ国間で発効し、その後ベトナムが1995年、ラオスとミャンマーが1997年、カンボジアが1999年に加盟した。

AFTAの主な内容は、2008年までに域内関税率を0〜5%に下げるという共通効果特恵関税(CEPT)条約を結んで段階を追って関税を撤廃し、最終的には全品目の関税を撤廃し、北米のNAFTA、欧州のEEAなどに対抗するために、産業国際競争力の強化、直接投資の促進を図るというもの。

またAFTAに中国が加わったものをAC-FTAと呼び、2010年より本格的に開始された。