CDP

Career Development Program

CDPとは、企業が従業員を育成する長期的なプログラムのこと。従業員それぞれの適正、希望を聞き入れた上で、研修や配属先を決定するもので、従業員の能力を最大化するためのプログラムとなっている。

企業が従業員の希望を聞いて、教育研修を施すだけではなく、従業員が自らの意思で能力を開発する機会を与えることも、CDPでの重要な要素となる。

自由に応募できる研修、ポイント制を導入し、持ちポイントの範囲で自分の好みの研修を受けられるカフェテリア型研修、一定の業績を残した場合に、自ら部署の異動先を指定できるFA制度などが、CDPの例としてあげられる。

目標達成のために、自らどのような能力をつける必要があるかを考え、能動的に教育訓練を受けることで、従業員が自ら成長することを目指したプログラムといえる。