CRE

Corporate Real Estate 】 企業不動産

CREとは、企業が事業を継続していくために使用するすべての不動産のこと。所有分だけでなく、賃貸リースによるものも含まれる。例えば、本社、支社、営業所、店舗、工場、研究所などの事業のための自社施設、マンションやオフィスなどの賃貸物件、社宅、寮、駐車場などの福利厚生施設などがCREにあたる。

近年、日本では減損会計をはじめとする不動産に関わる会計制度の変化もあり、企業経営におけるCREの重要性が増している。そして、不動産の持つ潜在価値を最大限に引き出し、企業価値の向上を図る経営戦略を「CRE戦略」という。CRE戦略から得られる効果としては、例えば、資産の効率性向上、バランスシートの均衡化、企業体質の健全化、企業価値の向上、買収に対する防衛強化、株価の上昇などがある。