FOB

Free on Board 】 本船渡し条件

FOBとは、本船甲板渡し条件。買主が手配した本船に、約定品を積み込むまでの費用とリスク、また各種費用手続きを売主が負担するという貿易の取引条件。売主(輸出者)は買主(輸入者)が指定した本船に、自己の責任で商品を船に積めば、それ以降の費用(運賃、海上保険料、輸入関税、通関手数料等)は買主の責任となる。費用とリスクは、貨物が本船の舷側欄干(Ship’s rail)を越えたときに移転する。具体的には、売主は貨物を本船に積み込むまでの運賃、船積諸掛を値段に含めておき、積み込む前に買主に事前に船舶明細情報を知らせておく。買主は船会社、本船、航路の指定が可能。売主がこれを手配しない場合には買主自身が手配を行う。

このように売り手の費用と責任が輸出港までのFOBに対し、輸入港まで費用と責任を負う取引条件をCIFという。