FSA

Financial Services Agency 】 金融庁

FSAとは、金融制度に関する企画立案や、金融機関に対する検査・監督などをつかさどる内閣府の外局のこと。日本の金融機関の安定を確保し、預金者、保険契約者、有価証券投資者などの保護と、破綻処理など金融の円滑化を図る役割を担っている。2000年に中央省庁再編で、金融監督庁(金融機関の検査・監督を担当)と大蔵省の金融企画局(金融制度の企画立案を担当)が統合されて発足した。