FSP

Frequent Shoppers Program 】 フリークエントショッパーズプログラム / カード戦略

FSPとは、ポイントカードや会員カードなどを発行し、既存顧客のロイヤルティを高めて顧客を固定化するマーケティング手法のこと。

買い物ごとにカードを提示してもらうことで、顧客一人一人の購買データを収集し、その購買金額や購買頻度などのデータを分析することが可能となる。そのうえで優良顧客を識別し、顧客ランクに応じたサービスや特典を提供する。

こうしたサービスを行う背景には、小売業において上位2割の顧客が全体の8割の利益を生み出すという「パレートの法則」の考え方がある。また新規顧客を獲得するコストは既存顧客を維持する以上にかかるとされている。そのため優良顧客を識別し、その維持拡大を図ることが重要となる。

また、航空業界では1981年からアメリカン航空が「FFP (Frequent Flyer Program)」としてマイレージポイントの提供を始めており、小売業界よりも早く活用されてきた。

小売業界では「FSP」、航空業界では「FFP」と呼ばれているが、その考え方は同じである。