SCPパラダイム

SCPパラダイムとは、SCPパラダイムとは、費用・技術など基礎的条件を前提として、市場集中度や参入障壁、市場の競争条件などの市場構造(Structure)がマーケティングや研究開発、提携、買収などの市場行動(Conduct)を決め、それが市場の効率性や利潤率、経済成長などの市場成果(Performance)を決めるという考え。私的な企業で市場の効率性が達成できない場合は政策が立案される。

題点として一方向のみに因果関係を想定していることが挙げられる。例えば、市場集中度の高い産業でも企業間競争は十分に行われるのでP→C→Sといった逆の因果関係もあり、現実を追認する政策も可能である。またこの仮説を根拠に、十分な潜在的競争圧力が作用すれば高度な市場構造と効率的な市場成果が両立するので参入退出の規制や価格規制の撤廃、既存産業の参入阻止行動の監視をするという政策を求める声もある。