WACC

Weighted Average Cost of Capital 】 加重平均資本コスト

WACCとは、企業が資金を調達するときに発生する2種類の資本コストを加重平均した値。資金調達コストには、株主からの資本の出資を受ける場合のコスト(株主資本コスト)と、債権者より借入をして負債を負うコスト(負債コスト)方法の2つがある。支払うべき利回りや金利のことで、株主や債権者から見れば、リターンということになる。WACC算出方法は以下の通り。