くりっく365

くりっく365とは、東京金融取引所による外国為替証拠金取引(FX)のこと。取引の安全性や透明性を確保する目的で設けられた、公設の取引所。2005年の金融先物取引法施行後、悪質な業者を排除し、安全性向上の動きに乗る形で登場した。従来からの取引を店頭取引、くりっく365での取引を取引所取引と呼ぶことでと大別され、取扱通貨ペア数、取引手数料、スプレッドレバレッジ、税制それぞれにサービスの差異がある。特に決定的に違うのは税制の面である。取引所取引が一律20%の申告分離式課税方式であるのに対し、店頭取引では15〜50%と幅のある総合課税方式である。総合課税方式では取引での所得が高くなるほど税率が上がっていく仕組みとなっていることから、高い金額を稼ぐ投資家ほど、税額一律である申告分離型課税方式のくりっく365が有利になる。