カウンターパーティリスク

【 カウンターパーティーリスク 】

カウンターパーティリスクとは、デリバティブ取引等の金融取引における、取引相手の信用リスクのこと。主に相対型の金融取引において、取引相手の破綻等の事情により、債務不履行に陥るといった契約上の取引が完結しないリスクのこと。金融取引において、取引相手のことを「カウンターパーティー」といい、その信用リスクを「カウンターパーティーリスク」と呼ぶ。

市場取引においては、証拠金制度が整備されているため、カウンターパーティーリスクを考慮する必要はほとんどない。しかし、売り手と買い手の二者間の相対取引である店頭取引においては、取引先が破綻したときに被る損失という、潜在的なカウンターパーティーリスクを考慮する必要がある。