クラウンジュエル

crown jewel 】 重要資産の売却

クラウンジュエルとは、敵対的買収に対する防衛策の一つで、対象会社が自社でもっとも魅力的な事業部門、資産もしくは子会社を第三者に譲渡したり、分社化することによって、自社をより魅力ないものにする手段のこと。買収者の買収意欲を大きく削ぐことを目的としている。対象会社を「王冠」にたとえ、「王冠の宝石」を外すことで、「王冠」の価値を減少させることになぞらえているので、クラウンジュエルと呼ばれている。

会社の営業の全部、または一部であっても重要な営業の譲渡の場合には、商法上株主総会の特別決議が必要であるが、重要な財産の処分は取締役会決議で可能となる。敵対的防衛策として、このような財産譲渡をおこなうと、この決定をした取締役は、取締役としての善管注意義務、忠実義務違反を問われる可能性があるといわれている。