クローズアウトネッティング

クローズアウトネッティングとは、お金の受取りと支払いを帳簿上で相殺しあい、実際の取引金額を小さくするネッティング(差額決済)のひとつ。クローズアウトネッティングは、倒産などが起こった際に債権債務を相殺して一つの債権(債務)にまとめ直すこと。予め、債権債務を持ち合う当事者間で契約を結ぶ必要がある。倒産など、一定の理由が生じた場合に両社の債権債務を相殺するため、ノベーションネッティングの一形態とも言えるが、クローズアウトネッティングの場合、債権債務の期限や通貨が異なっていても一定の割引率や換算レートを用いて相殺を行うことができる点が異なっている。また、期日は決まっておらず、破産などの一定事由の発生によって発動され、ネッティングが実施された時点で履行期が到来するなどの点で効果は大きい。

ネッティングの種類としては他に、ノベーションネッティング、ペイメントネッティングがある。ネッティングには、取引に伴うリスクの低減、為替手数料や事務処理費用の削減、決済資金の削減などのメリットがある。