サイコグラフィック変数

サイコグラフィック変数とは、マーケティング戦略における市場細分化軸の一つ。ライフスタイルに代表される価値や態度、行動による変数。具体的にはライフスタイル、パーソナリティー、生活価値観、ブランドロイヤリティ、趣味、製品関与などが挙げられる。

消費者の主観的な反応をもとにしたもので、一次データからしか収集できない。そのため、調査票などを用いての消費者調査が必要となる。デモグラフィック変数のような客観性はないが、消費者行動の背景を、より深く理解するために有効な変数といえる。

社会階層による市場細分化では説明できない現象が増えるにつれて、デモグラフィック変数の市場細分化軸としての有効性が低下する中、サイコグラフィック変数による市場細分化のほうが説得力を高めている。