ニンジャローン

ニンジャローンとは、クロスボーダーシンジケートローンの愛称である。日本市場において資金調達をしようとしている海外企業に対して、国内の金融機関が協調して資金を出し合う制度だ。従来から存在していたサムライ債では債権は円建てに限定されているが、ニンジャローンでは日本円以外の通貨融資を組成することができるのが特徴である。これによって、海外の企業の日本国内におけるより柔軟な資金調達が可能となる。また、今までは海外企業の日本における資金調達の手段はサムライ債による債権に限られていたが、ニンジャローンの活用によりローンも含めた幅広いファイナンスが可能になる。

また、主幹事となる銀行によってアレンジされる協調融資であるため、今までは海外の企業に融資する機会をもたなかった日本の地方銀行も融資団の一員として海外企業への融資を行うことができるようになる。これらの地方銀行にとっては、ポートフォリオの分散や、より大きな運用成果の獲得といったメリットがある。