フォードシステム

Ford system

フォードシステムとは、1910年代にフォードが自動車会社において、T型フォード車を生産するために開発した半自動の移動組み立てラインを中心とする大量生産システムに由来する。フォードは製品をT型車の一種類に限定し、部品に互換性を与え、専門化した工場を整えて生産の標準化を進め、ベルト・コンベアによる流れ作業方式を導入して作業の合理化を促進した。フォード・システムにおけるベルト・コンベアは、全工場の作業の同期化と適性スピードの維持、必要な部分品を作業者の手元に適時に届ける、という二つの目的のもと使用され、単なるコンベアシステムと区別される。フォード・システムの普及によって、生産費の低減と生産品目の均一化がはかられ、飛躍的な生産能率の向上と原価の引き下げを実現した。