マトリックス型組織

Matrix Organization 】 マトリクス組織

マトリックス型組織とは、企業が構築する人事組織の一形態で、指揮命令系統を1方向からではなく、異なる種類の2方向から持たせる組織のこと。従来より日本の企業ではピラミッド組織が主流で、本社から支社、支店長から各課長、課長から社員へと命令系統が成り立っているが、ピラミッド組織では、指揮の伝達が遅い、実績を上げた社員の評価があいまいになるなどのデメリットがあった。

マトリックス組織では複数の指揮命令系統により、ピラミッド型組織の弱点を克服することができる。例えば支店という指揮命令系統の他に各支店で扱う製品ごとの担当者を決める。この場合縦軸が支店で、横軸が製品となる。支店内での製品担当者を決め、責任が分担される分、評価対象がはっきりすることになる。マトリックス組織では、各社員が複数方向に上司を持ち、グループウェアなどのIT技術を駆使して、管理することが必要になる。