交付目論見書

交付目論見書とは、投資信託の発行者が投資家に向けて発行する、投資信託の開示資料のこと。証券取引法により、発行が義務付けられている。運用会社が作成して、販売会社が投資家に必ず交付しなければならない。

交付目論見書には、投資信託の仕組みやリスクなど様々な情報が記されており、投資家は交付目論見書を読んだ上で、投資するかどうかを判断できる。具体的には当該投資信託の目的や性格、仕組み、投資方針、投資対象、運用体制、分配方針、投資制限、投資リスク、申し込み必要情報、信託報酬信託財産留保額、費用や税金に関すること、投資の運用実績、投資状況、信託約款の内容などとなっている。

なお、投資家からの請求によって発行する目論見書のことを請求目論見書といい、こちらは当該投資信託の沿革や運用についての概要などさらに詳細な情報が記されている。