休業

休業とは、企業に在籍したまま労働義務が免除されること。雇用契約はそのまま持続される。労働者が労働の提供ができる状態にも関わらず、会社の都合で休業させる場合は、平均賃金の6割以上の休業手当が支払われることが、労働基準法により定められている。