個人向け国債

個人向け国債とは、2003年から発行が開始された個人のみが保有できる国債のこと。正式名称は「個人向け利付国庫債券」。国債を大量発行するなかで円滑に消化するために、個人投資家による保有促進を図るために導入された。年4回(4月、7月、10月、1月)の発行で1万円単位で購入可能。

2種類あり、「変動金利型」の10年満期のものは金利が半年ごとに見直され、市場実勢金利に応じて変動する。発行から1年以上保有すれば途中換金が可能。「固定金利型」の5年満期のものは、適用利率が満期まで変わらない。こちらは、発行から2年以上保有すれば途中換金が可能。取り扱いは個人向け国債の口座を開設している証券会社、金融機関、郵便局など。税金は利払い時に利子所得に関して20%の源泉分離課税となる。ペーパーレス化によって債券は発行されない。