売買回転率

売買回転率とは、株式市場全体や個別銘柄がどれぐらい頻繁に売買されているかを表す指標のこと。売買高は、流通市場の規模や活発さを表し、株式市場の売買が何株あったかを示すものであるが、上場株式数の増加とともに増加する傾向がある。よって、ある市場や個別銘柄の活発度合いを過去と比較したりするときには、単純に売買高でみるのは正確ではない。そこで、売買高を上場株式数で割ることで、上場株式数の多寡による影響を補正したものが売買回転率である。計算式は、売買回転率=(期間)売買高÷(期間)平均上場株式数×100。また、(期間)平均上場株式数=(期初上場株式数+期末上場株式数)÷2である。個別銘柄の売買回転率を計算する場合は、(期間)平均上場株式数を企業の発行済み株式数に変えて計算する。売買回転率が年率100%であった場合、その市場の全株数(個別銘柄の場合はその発行済み株式数)が1年に1回売買されていることを示している。売買高は新聞に毎日掲載され、売買回転率は、月次や年次の数値が、東証統計月報や証券統計年報、東証要覧などに掲載されている。