山岳保険

山岳保険とは、登山者を対象とした個人損害保険のひとつ。登山中の事故で被保険者がケガをした場合の入院や手術、通院のほか、死亡、後遺障害に対して保険金が支払われる。また、特約として、個人賠償責任が発生した場合の補償、携行品の破損や、救援者費用等補償、遭難捜索費用、遭難捜索追加費用を付加できる商品もある。

山岳保険の対象となる登山は保険商品によってさまざまである。軽アイゼンのみを装着するような軽い登山を対象とした商品から、ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマーなどの登山用具を使用する本格的な登山やロッククライミング、フリークライミングを対象とした商品まである。ただし、本格的な登山を対象とした山岳保険であっても、エベレスト、K2、マナスルなど危険度の高い山への登山は、保険の対象外となる場合がほとんどである。