広告宣伝費

広告宣伝費とは、企業のイメージや商品を広く世間に知らせるための手段に用いられる費用のこと。テレビや雑誌、新聞、広告看板、電話帳、ホームページなど費用発生の媒体は多数存在する。

また、企業会計上では、バランスシート(貸借対照表)で使用される勘定科目の、販売費及び一般管理費の部の仕訳のひとつ。世の中へ自社や自社商品を宣伝するためにかかった費用や、求人費用を広告宣伝費の勘定科目へ計上する。例えば、新聞の折込チラシ代やホームページ製作料、ダイレクトメールの代金などがこれにあたる。ただし、広告宣伝用の看板を作成した場合など耐用年数1年以上のもので、30万円以上の費用が発生した場合は、固定資産として最長10年に分けて費用にする減価償却をする。30万円未満の場合は、長く使用するものであっても金銭を支出した年度の費用として広告宣伝費の勘定科目を使用する。

計上方法の例として、商品宣伝用のチラシの作成費用100万円を現金で支払った場合、左側の借方には広告宣伝費として100万円、右側の貸方には現金として100万円を計上する。