振替伝票

振替伝票とは、企業などの社員が取引をした場合に、その取引内容を記入する伝票のひとつで、現金を伴わない取引をしたときに記入するもの。振替伝票には借方貸方があり、その両方に取引内容を記入する。

例えば10万円の商品を買掛金仕入れた場合には、借方に仕入10万円、貸方に買掛金10万円と記入する。

振替伝票の他に、現金を伴う取引をした場合に記入する出金伝票入金伝票があり、3つの伝票を会計の起点とすることを三伝票制という。三伝票制の他に、入金伝票、出金伝票、振替伝票を全てひとつの伝票にまとめる一伝票制がある。