減価償却資産

【 償却資産 】

減価償却資産とは、事業活動で必要な備品や消耗品のうち、取得価額が10万円以上のもの。取得価額の10万円未満のものは、購入時に経費として計上できるが、減価償却資産は購入時に経費計上できず、資産に計上してから減価償却により経費計上していくことになる。

ただし中小企業者に限り、2003年4月1日から2010年3月31日までの間に取得して事業の用に供した減価償却資産は30万円未満のものまでを経費に算入することができる。

減価償却資産には建物や備品などの有形減価償却資産、鉱業権や漁業権などの無形減価償却資産、家畜や果樹などの生物がある。時の経過により減価しない資産や、事業に使用されていない資産は減価償却資産とはならない。