特別損失

【 特損 】

特別損失とは、企業の通常の業務内容とは関係なく、臨時に発生した多額な損失のこと。特別損失に該当する勘定科目例としては、固定資産売却損固定資産除却損投資有価証券売却損前期損益修正損災害損失、保険差損、固定資産の減損損失、投資有価証券評価損繰延資産の一時償却、事業分離による移転損益、企業結合による交換損益、リストラ費用などがある。

なお、通常の営業取引から発生する貸倒損失は、特別損失には該当せず、販売費ひとつとして処理される。

反対に通常の業務と関係なく、臨時に発生した多額な利益のことを特別利益という。