特定口座

特定口座とは、株式等の譲渡所得等の課税につき、金融商品取引業者が年間取引の損益計算、源泉徴収および確定申告を行い、投資家の申告手続きを軽減する目的で作られた金融商品取引業者の口座のこと。2003年に株式等の譲渡所得等への課税が申告分離課税に一本化されたのを受けてつくられた。

特定口座は、金融商品取引業者に「特定口座開設届出書」を提出し、「上場株式等保管委託契約」を締結することで開設できる。特定口座の開設は個人1人につき1金融商品取引業者ごとに1口座とされており、複数の金融商品取引業者に開設することもできる。

特定口座には、「源泉徴収選択口座」と「簡易申告口座」の2種類があり、投資家が源泉徴収選択口座を選択した場合、所得金額の計算を金融商品取引業者が交付した年間報告書の金額にもとづいて行い、源泉徴収の適用を受けることができる。この場合、上場株式等の譲渡益は10%の源泉徴収により課税が完了するため、確定申告の必要はなくなる。また簡易申告口座を選択した場合は、金融商品取引業者が所得金額計算を行って交付した年間取引報告書を、確定申告書に添付して簡易に確定申告ができる。なお、投資家自身が所得金額計算から確定申告書まで行う必要がある口座のことを「一般口座」という。