署名

署名とは、手書きで自分の氏名を記すこと。契約書などを作成するときに、契約の相手方に署名をしてもらうことで一定の効力を持たせることができる。署名は高い証拠能力を持っているので、捺印がなくても効力を発するが、捺印するのが通例となっている。署名に対して、手書き以外の方法で自分の名前を記すことを記名といい、記名の場合には押印をしなければ署名と同様の効力を持たない。

捺印と押印はともに印鑑を押すことだが、署名とともにするものを捺印、記名とともにするものを押印として使い分けられている。