課税事業者

課税事業者とは、消費税の申告、納税する義務のある事業者のこと。前々事業年度前を基準期間とし、基準期間の課税売上高が1,000万円以上だった場合に、当該事業年度の課税期間について消費税の申告、納税が義務となる。基準期間の課税売上高が1,000万円以上であれば、課税期間が1,000万円以下の売上となっても免除されないが、反対に、基準期間の課税売上高が1,000万円以下となれば、課税期間の課税売上高が1,000万円以上であっても免除されることになる。

消費税を納税する際、売上時に顧客から受けた仮受消費税から仕入れなどの経費で支払った仮払消費税を控除した額を納税することになる。もし、仮受消費税よりも仮払い消費税の方が大きい額であった場合、その差額を税務署から還付されることになる。

また、資本金が1,000万円以上の新設企業は、はじめから無条件で課税事業者となる。