連結経営

【 グループ経営 】

連結経営とは、一法人ではなく、親会社子会社連合でなされる経営のこと。株投資家などの第三者が企業の業績等を評価するときに、単独ではなくグループで評価することが主流となっている。会計ビッグバンの一環として、2000年3月期から1社単独決算の他に、親会社と子会社を併せた連結決算を出すことが導入された。

連結決算の制度が導入された背景には、親会社の損失や不良在庫を子会社に負担させて、親会社の業績を良く見せかけることがなされていたことがある。連結決算が導入された後は、子会社に損失や不良在庫を負担させることは無意味になり、グループ経営が重視されるようになった。

グループ経営では親会社の役割は、親会社単独からグループ全体の戦略策定と事業範囲の見直しにまで広がっている。また、グループ経営には連結決算対象の子会社だけではなく、対象外の関連会社まで含めてなされることがある。