間接税

間接税とは、税を負担する人と、実際に国や地方公共団体にお金を納める人が異なる税のこと。

消費税タバコ税ゴルフ場利用税、特別地方消費税、軽自動車税、入湯税など。所得の差に関係なく一律に決められているので、所得の少ない人は、割合としては相対的に多く納税することになる。