預金準備率

【 支払準備率 】

預金準備率とは、準備預金制度のもとに、金融機関が日本銀行預金を預ける割合のこと。準備預金制度では、金融機関が受け入れた預金などに対して一定率以上を日本銀行に無利子で預け入れるように法律で義務づけられており、日本銀行の金融政策手段のひとつとなっている。

預金準備率は金融機関の種類、預金の種類、預金金額によって、およそ2〜0.05%の間でそれぞれ決まっている。日銀が預金準備率を引き上げると、金融機関は企業に貸し出していた資金を回収して、日銀当座預金に資金を振り込む必要が出てくるので、貸し出しの減少が起こる。逆に、預金準備率を引き下げると、金融が緩和し金利が低下する。このように日銀が預金準備率を操作することを支払準備率操作という。