CSR

Corporate Social Responsibility 】 企業の社会的責任

CSRとは、企業の社会的責任のこと。企業がさまざまな活動をおこなうプロセスにおいて、利益を最優先させるのではなく、ステークホルダーとの関係を重視しながら、社会的公正性を保つことや、環境対策を施すことなど、社会に対する責任や貢献に配慮し、長期にわたって企業が持続的に成長することができるよう目指す。このことを経営戦略として捉え、以上のような社会での役割を果たさなくてはならないという社会側からの要請をクリアすることができる。なおステークホルダーとは、消費者、取引先、地域社会、株主、従業員などの利害関係者をさす。

企業にとって、CSRを果たすことは、環境効率向上によるコストの削減、技術革新、企業イメージの向上を通じたブランド価値向上など、さまざまなメリットがある。CSRに似た概念としてSRIがあるが、CSRは消費者を含めた社会全体から見た企業の社会的責任を果たす活動のことをいうのに対し、SRIは投資家から見た企業の社会的責任の評価のことをいう。

CSRは、2001年の米国のエンロン社の不正な経理操作の事件をきっかけに、これが企業のあり方を問うコーポレートガバナンス(企業統治)重視の経営を求める機運が高まり、注目されるようになった。