POP広告

POP広告とは、POP広告とは、消費者が購買する時点で行う広告のこと。小売店の店内や店頭、屋外などで行われる。具体例としては、立て看板や横断幕、あるいは店内での特設コーナー、価格カード、紙に商品説明やイラストを書いたものなどが挙げられる。手軽に低コストで消費者に情報を提供できるうえに、消費者自ら選択して情報を得られるので不必要もしくは執拗な商品説明を受けなくてよいというメリットがある。現在ではパソコンなどを利用して容易にPOP広告を作ることもできる。店舗の雰囲気や売り上げを左右する力を持つため、消費者に購買を促すうえで重要な販促手段である。