アウトパフォーム

アウトパフォームとは、株式の市場用語で、一定の期間に、その株の株価上昇率(株の値動き)が、日経平均株価TOPIXなどベンチマークといわれる株価指数を上回ること。証券アナリストがこの株の銘柄に投資すべきかどうかを判断する時に、平均的な収益を何%上回っているか、という相対的な評価として使う。反対語はアンダーパフォーム。株がどれだけの収益を投資家にもたらすかを測る場合には、「その期間に何%上昇するか」という絶対評価と、「平均的な収益を何%上回るか」という相対的な評価があり、アウトパフォームは相対的な評価をする時に使われる。例えば、TOPIXが20%下落する中、ある銘柄では下落率が10%だった場合、絶対価格はマイナスとなってもアウトパフォーマンス(アウトパフォーム)ということになる。