エコカー

Eco Car 】 環境対応車 / クリーンエネルギー車 / 低公害車

エコカーとは、エコロジーカー(Ecology Car)の略で、環境への負荷が小さい自動車の総称。温暖化や大気汚染の原因となっている二酸化炭素や他の有害物質の排出が少なく、ガソリンのみを利用する車に比べ、環境への負荷が小さいことが特長である。電気自動車ハイブリッド車の他、燃料電池自動車、天然ガス車、水素自動車などが該当する。エコカーのうち、政府に認定されたものは、補助金や減税措置が設けられることもある。

エコカーの種類には、大きくわけて、無公害車と低公害車がある。無公害車とは、温室効果ガスを一切排出しない車のことで、低公害車とは、温室効果ガスの排出を大幅に削減した車をいう。エコカーに該当する電気自動車は、ガソリンを使わず電気エネルギーで動く車のこと。ガソリンを使わないため、二酸化炭素の排出が少なく、排気ガスを出さない。また、騒音も少ない。また、ハイブリッドカーとは、エンジンとモーターの両方を積んだ車のことで、従来のガソリン車に比べてガソリンの量が少なくて済む。

なお、エコカーとは、あくまでガソリン車に比べ環境への負荷の小さい車の総称であり、明確な定義は存在しない。政府がエコカー減税エコカー補助金の対象車を指すこともあれば、従来から使われている低公害車を指す場合もある。