クオンツ運用

【 システム運用 】

クオンツ運用とは、投資信託の運用方法のひとつ。コンピューターによる数量的な分析に基づく運用で、過去の実際の株価がどのように変動しているかといった、株価の変動要素に関するデータに基づいたプログラムをあらかじめ構築し、そのプログラムによって今後値上がりしそうな銘柄を選定していく方法。

システムによる判断であるため、銘柄選定には人間の相場観などに影響されない点が良いとされているが、そもそも銘柄を選定していくプロセスを考えて、プログラムを設計したのは人間であるため、設計者の考え方は反映される。弱点としては、クオンツ運用は過去のデータに基づいているため、運用ルールが硬直的で予想もできないような市場環境の変化に弱いという点があげられる。

システムによるクオンツ運用に対して、ファンドマネージャーという人間運用する方法もある。経済全体の動向から調査したり、個別企業の訪問、調査、分析をすることによって運用する。