クロスライセンス

クロスライセンスとは、特許を所有するそれぞれの権利者が、所有している特許の実施権を相互に許諾すること。

通常、企業が他社の特許を使用するにはライセンス料を支払わなくてはならないが、クロスライセンスを利用することで、その負担なしに他社の特許を使用することができる。ただし、技術バランスに差がある場合には、それを金銭で補う。

これにより、製品を開発する際のリスクを低減させ、開発効率を向上させることが期待できる。また同時に権利関係の制約が緩和される。

近年では、研究開発への投資負担が増加することを嫌い、クロスライセンス契約を実施するケースが大手企業を中心に増えている。特に異業種間の場合、事業への影響が低いと考えられ、契約が成立しやすい。一方で、同業他社の場合には、メリットとデメリットが複雑に絡み合う。