クロス円

クロス円とは、為替取引で、米ドルを仲立ちとした日本円と別の通貨との通貨ペアのこと。例えば、ユーロ/円、ポンド/円などの通貨ペアがクロス円となる。為替取引では、基軸通貨である米ドルが入っていない通貨ペアは、クロスと呼ばれ、米ドルの入っている通貨ペアはストレートと呼ぶ。

クロス円の為替レートは全て、米ドルに一度換算されてから、相手国の通貨に換算される。例えば米ドル/円の為替レートが100、ユーロ/米ドルがの通貨レートが1.2のとき、ユーロ/円の通貨レートは100×1.2で120となる。

以上のことから、為替取引をする際に米ドル以外の通貨ペアであっても、関係する米ドルの相場には、ある程度注視することが必要となる。