クロス取引

クロス取引とは、株などの有価証券取引の手法のひとつ。同じ銘柄の買いと売りを同時に注文することをいう。クロス取引は、節税対策などに利用される。例えば株の利益が100万円あった場合、それに対する税金がかかってしまう。一方で100万円の含み損を抱えた株があった場合、売却して100万円の損失を確定させ、クロス取引によって再び買いなおす。こうすれば株による利益は0となり、税金はかからなくなり、株の含み損もなくなる。

また、為替取引での米ドルを介さない取引のこともクロス取引という。例えば、ユーロ/円、ポンド/円の通貨ペアによる取引。