クーポンスワップ

coupon swap

クーポンスワップとは、通貨スワップのうち、元本の交換を行わずに、金利の交換のみを行う取引のこと。将来、キャッシュフローを交換する取引のことを「スワップ取引」という。スワップ取引の代表的な例として、金利デリバティブである「金利スワップ」、為替デリバティブである「通貨スワップ」の2つがある。

このうち、同一通貨で異なる金利(変動金利固定金利など)を交換する取引を金利スワップといい、異なる通貨で元本及び金利を交換する取引を通貨スワップという。そして、この通貨スワップのうち、元本の交換を行わずに金利の交換のみを行う取引がクーポンスワップである。交換される金利については、固定金利同士だけでなく、固定金利と変動金利、変動金利同士の組み合わせも可能である。

クーポンスワップは、外貨建て債務等の支払いに組み合わせると、約定時に定めた為替レートで支払い金額を円貨で確定することができ、為替変動リスクを回避できる。また先物為替予約と比べて長期間の契約となるなどのメリットがある。一方で、中途解約ができない、事業会社が銀行や証券会社とスワップ取引を行った場合には、カウンターパーティリスクがあるなどのデメリットもある。