グリーン調達

グリーン調達とは、企業などが製品の材料や部品、あるいは事業で使う資材やサービスを、サプライヤーから調達する際に、環境に優しいものから優先的に選択しようとすること。

例えば環境マネジメントの規格である「ISO14001」を取得しているサプライヤーを優先したり、有害化学物質の含有の有無、製品の省エネ度などを考慮して調達することである。

近年では独自に「グリーン調達基準」を設定し、その達成状況を報告する企業が増えている。同時にサプライヤー側にも、環境へ配慮した製品の開発を促すことが期待されている。

また日本では、2001年4月に「グリーン購入法」が施行され、国の機関が環境に配慮した商品を優先購入することが義務付けられている。一例としては再生紙や省エネルギーのOA機器などが該当する。そして行政機関のみならず消費者や企業などが、環境に配慮した商品を優先して購入する仕組みを「グリーン購入」という。