コンバージョン

conversion

コンバージョンとは、もともとは転換という意味のことばで、インターネットでは商用のウェブサイトがユーザーが商品を購入するなど、設定した一定の目的を果たすことを意味する。ショッピングサイトであれば商品購入、コミュニティサイトなどではユーザー登録がコンバージョンとなるなど、ウェブサイトの目的によってコンバージョンは異なる。

ウェブ広告等の有料サービスを利用した場合、アクセス数と同時に最終的な売上につながるコンバージョン数やコンバージョン率が重要となる。特に費用対効果を見る場合にはコンバージョンを広告等にかかった総費用で割ることで算出されるCPAを見ることで判断される。