サンクコスト

サンクコストとは、何も生産されていないときでも支払わなければならなく、事業の撤退や縮小など、いかなる選択をしても回収不能となった固定費用のこと。埋没費用ともいう。具体例としては企業が賃貸契約を結んだオフィスが、事業の撤退や縮小などで使わなくなったとしても、賃貸料を払い続けなくてはならない場合などが挙げられる。サンクコストの大きさは、中古品市場の整備状況や、その設備の他の用途への転用の可能性などに左右される。あるいは設備自体をレンタルで調達して撤退の際に未回収の費用を発生させなくするといった対策を取ることも考えられる。また、サンクコストは大きすぎると新規参入の障壁となるので、既存産業が戦略的かつ合理的にサンクコストを払い新規参入を思いとどまらせるという行動もある。よって寡占論の一因ともいわれている。