ファイアーウォール規制

firewall

ファイアーウォール規制とは、ファイアーウォールとは金融機関などで部門間の交流を意図的に遮断することをいう。主な例としては、銀行による証券業務が禁止されていることが挙げられる。ファイアーウォールを導入していることの一番の目的は、金融機関と顧客の利害が衝突する利益相反を防止することにある。例えば、銀行が融資を行う際に得た企業の内部情報が証券を売買する部門に伝わることによって融資対象となる企業との間に利益の相反が起きる可能性がある。

このような懸念を晴らすためにも特に銀行業務と証券業務の間にはファイアーウォール(垣根)が必要であると考えられてきた。ファイアーウォールを守るために金融機関内でのコンプライアンス研修を実施するなど内部で遵守する体制が整備されており、それと同時に金融庁などにより監視・検証されている。近年、金融コングロマリット(複合)化が進んでおり銀行業務と証券業務の境界が薄くなってきている。それを受けて銀行側からは証券仲介業の解禁をもとめる要望も出されている。