ファイブフォース分析

ファイブフォース分析とは、企業や産業競争戦略を策定する前提として、その外部環境における脅威を分析する際に用いられるフレームワークのこと。マイケルポーター(Michael Porter)が自著である「競争の戦略」において考案し、広く普及した。外部環境に存在する5つの競争要因によって、企業はそのパフォーマンスを低下させられる脅威にさらされるとする。

その5つの競争要因とは、「新規参入の脅威」、「売り手(供給者)の交渉力」、「買い手(購入者)の交渉力」、「代替品の脅威」、「業界内における企業間の競合関係」の5つである。

各競争要因を左右する要素の一例には以下のようなものがある。新規参入の脅威では、参入に必要な投資や政府による参入規制。売り手の交渉力では、市場シェアや差別化された製品。買い手の交渉力では、市場シェアや買い手側の低い利益率。代替品の脅威では、同じ顧客ニーズを違う手段で満たす製品やサービスの存在(時計と携帯電話など)。企業間の競合関係では、高い固定比率を吸収するための価格や広告による過度な競争などが挙げられる。