フォワードレート

フォワードレートとは、期間の異なる2種類のスポットレートの値より算出される金利のこと。世の中に存在する金利は、「フォワードレート」か「スポットレート」のどちらかに分類される。例えば、スポットレート1年ものと、2年ものがあった場合、1年後スタートの金利がフォワードレートである。つまり、フォワードレートとは、将来そのレートが実現することを全く保障していないが、現時点で予約可能なレートのことであり、将来時点をスタートとする金利のことである。また、スポットレートとは、現時点から将来ある時点まで保有される資産にかかる金利のことで、年率で記述されることから複率を仮定している。つまり、現時点スタートの金利のことである。理論的には、スポットレートはゼロクーポン債の利回りを記録することによって計測される。ゼロクーポン債は、将来のある時点で決まった額を支払う約束するので、その満期になるときの支払う額がスポットレートを決めることができる。しかし、長期のゼロクーポンが実質的に存在しないため、スポットレートは利付き債の価格のもとにも求められる。スポットレート3年ものと、スポットレート2年ものと2年後スタートのフォワードレート1年もの(どちらも3年間運用)の運用結果を見ると、どちらの経路を通っても同じ運用結果が得られる予定である。