ブイワップギャランティー取引

【 出来高加重平均価格取引 】

ブイワップギャランティー取引とは、証券取引所上場されている株券の売買を、VWAP(ブイワップ=出来高加重平均価格)を基準にした価格で行う取引のこと。このVWAPギャランティーの取引の執行は、証券取引所を通さず、取引所外売買で行われるため、金融商品取引業者と投資家の相対取引(仕切り取引)となっている。出来高加重平均価格(Volume Weighted Average Price)とは当日の取引所で成立した価格を価格毎の出来高加重平均した価格のことで、より取引実態に近い平均的な約定値段として、主に機関投資家の執行価格の目標値として用いられている。価格変動を平準化する効果があり、指値成行による売買注文のリスクを軽減することが可能になるが、手数料が高くなることもあるので要注意。